ルプルプは白髪しか染まらないの?黒髪は染まらないの?

↓ルプルプはこちら↓
ヘアカラートリートメント 【LPLP(ルプルプ)】

ルプルプは白髪しか染まらないのでしょうか。

ルプルプは白髪しか染まらない?

ルプルプは白髪しか染まらないということはありません。
白髪を染めて、同時に黒髪も染める。

ヘアマニキュアという髪の表面を染めるタイプの白髪染めですから、白髪とか黒髪といった髪の色に関係なく染めていきます。

既にヘアカラー剤で染めた人の髪にも色が付きますので、黒髪や明るい髪色の人にも使える白髪染めだと言えるでしょう。

黒髪は染まらないの?

例えば、黒髪の人がルプルプのブラウンを使って染めたとしましょう。

もし、白髪だけがブラウンに染まったら、黒髪の部分はそのまま黒。
これでは仕上がりの髪色があまりにもおかしいでしょう。
特に半分が白髪で半分が黒髪だとしたら、染めた後、ブラウン髪と黒髪の半々になってしまう。

実際は、黒髪もブラウンに染まって、髪の毛全体がブラウンになりますのでご安心ください。

ルプルプで黒髪ゆっくり茶色に染まる?黒髪も染まる白髪染めトリートメント

ゆっくり染まるヘアマニキュア

ヘアマニキュアは髪の表面を染めるだけですから、二剤混合式のヘアカラー剤のように染めた直後から髪色が完全に変わるわけではありません。

何度か使っていくうちに、ゆっくり髪色が変わっていく。
やがて染まっているという感じ。

特に、黒髪をブラウンなどの明るい色で染める場合は、余計に時間がかかります。

ソフトブラックは白髪しか染まらない?

ソフトブラックなら、白髪を黒く染めれば、黒髪とも調和するからよいと考える方もいるかもしれません。

ところが実際は、白髪も黒髪も染めます。

なぜなら人間の黒髪は、真っ黒ではないからです。
個々人でも黒髪の色は微妙に異なる。

地毛の黒髪と、ルプルプのソフトブラックで染めた髪色は、似ていても厳密には違う色ですので、全ての髪を同じ色で染めたほうがよいのです。

但し、黒髪の方で、少ない白髪を染める場合は、白髪だけを染めてカモフラージュにする白髪ケア方法としてソフトブラックを活用できます。

ルプルプのソフトブラックだと黒くなりすぎる?真っ黒?

ルプルプで黒くなると困る場合

既に明るい髪色に染めている方が、白髪ケアのためにルプルプを使って、黒くなると困る場合どうすればよいか。

まず、明るい髪色に近い色合いやトーンで判断して、ルプルプのカラーの中で明るい色のブラウン、ダークブラウン、モカブラウン、ベージュブウランのいずれかをお選びください。

これらで染めれば黒くなることはありません。

白髪が少ない場合は、気になる部分だけをルプルプで部分染めするのもよいでしょう。

ルプルプ明るくならず真っ黒になったのはベージュブラウン黒いから?

ルプルプの正しい使い方

正しい使い方をすれば、ルプルプで白髪がきれいに染まります。
白髪も黒髪も一緒に染まる。

ルプルプの正しい使い方はこちらの記事へ。
ルプルプの上手な使い方。ルプルプで効果的に白髪を染める方法

関連記事

ルプルプが染まらないは嘘である3つの理由
ルプルプはシャンプー前の乾いた髪に使うのが効果的な染め方。シャンプー後の濡れた髪だと染まらない?
若白髪にルプルプを使うと染まる?黒髪も染まる?
まばら白髪が気になったらルプルプを使うべき3つの理由
ルプルプで別の色を混ぜる使い方は?色を混ぜてもよいの?
ルプルプの使い方からわかった白髪染めトリートメントで白髪を染めるコツ
ルプルプ、白髪が多い人はソフトブラックか