ルプルプ、白髪が多い人はソフトブラックか

 LPLP(ルプルプ)
ヘアカラートリートメント 【LPLP(ルプルプ)】

ルプルプを使うとしたら白髪が多い人はカラー5色の中からソフトブラックを選ぶべきなのでしょうか。

ルプルプは全5色から色選びできるカラーバリエーション

ルプルプのカラーバリエーションは、
ブラウン、ダークブラウン、モカブラウン
ベージュブラウン
ソフトブラックの全5色が用意されている。

ルプルプの色選び何色がいい?カラー5色の選び方で髪色変わる

ルプルプ5色のカラーバリエーション

これらは仕上がる髪色に違いが出ますが、
明るさトーン、茶色っぽさ、赤み、などが違ってきます。

LPLP(ルプルプ)
ヘアカラー
トリートメント

【白髪染め】(公式)
詳しくはこちら

ルプルプのソフトブラック

ルプルプ(LPLP)ソフトブラック
ルプルプの色の中で唯一の黒系ネーミングであるソフトブラック

白髪染めとして黒髪に染めることをご希望であれば、この色を選ぶ。
明るい髪色にしたいと思う人が選ぶカラーではありません。

ルプルプのソフトブラックはビジネスマン、男性、自然な黒髪にこだわる女性に向けた色。

【ソフトブラック】
ルプルプ白髪染め

ルプルプのソフトブラックは黒髪に混じった白髪を黒に合わせて染めていく色。
黒くなりすぎないブラックに仕上がる。
公式では「黒くなりすぎない自然な色」という色設定になっています。

ほんのわずかに茶色が入っているとされますが周囲の人からは黒髪に見えるくらい、肉眼では黒っぽく見える髪色。

※白髪染めトリートメントのルプルプはこちら
ヘアカラートリートメント 【LPLP(ルプルプ)】

ルプルプのソフトブラックだと黒くなりすぎる?真っ黒?

ソフトブラック(ルプルプ)の口コミ

ソフトブラックの口コミを見るとわかりますが、人によっては「染まった髪の色が茶色にしか見えない」というご意見もあるようです。
ブラックという割にはブラウン系の色味が強いといったところでしょうか。

ルプルプとしては、ソフトブラックで染めた仕上がり髪色が自然な黒になるように、いかにもという真っ黒な髪色を避けるように調整した色だと思われますが、正真正銘のブラックに染めたい人にとっては違和感あるのかもしれません。

特にビジネスマンが職業上の身だしなみとして黒髪が必須ということであればこれは大問題です。

ルプルプ明るくならず真っ黒になったのはベージュブラウン黒いから?

ルプルプのソフトブラックってどんな髪色に染まる?

ルプルプのソフトブラックで髪を染めると、黒っぽい茶色に染まることが予想されます。
一般的なダークブラウンのような髪色に染まると考えてもよいかもしれません。

つまりルプルプの中でダークブラウンやモカブラウンよりは暗く茶色さが少ないというレベル。
一般的なブラック、真っ黒とは異なるというのが、ルプルプのソフトブラック。

これは髪の太さや髪質、元の髪色によっても違いはでますが、黒髪の黒を強く意識される方には厳しい髪色かもしれません。

逆に、黒に染めるつもりでも、いかにも白髪染めを使っていますといったような、真っ黒ブラックの黒髪を好まない方には向いていると言えます。

白髪が多い人は暗い色や濃い色で染めるべきか

白髪が多いと暗くしか染められないという話があります。
濃い色で染めるからです。

白髪というのは、何らかの理由でメラニン色素の色が抜けて色味が無い、いわば透明に近い髪の状態ですので、しっかり色付けしないと色がつきにくい。
濃く染めないと白髪染めとしては失敗となります。

それゆえ、白髪染めの液剤は染毛力が強く設定されており、しっかり染めるための濃い色合いになっているのです。

白髪が多い人は濃い色でしっかり染めるほうが、白髪が目立たないことは間違いありません。

白髪染めルプルプで髪の毛が黒くなりすぎたときの対処法

ルプルプのソフトブラックが向いてる人

ルプルプのソフトブラックが向いてる人は、現在、明るい髪色にカラーリングしていて白髪が生えてきたので、黒く染めようとお考えの方。
茶色っぽい明るさを残しながらも、ゆっくり暗い髪色になっていくことが予想されます。

逆に向いていない人は、現在が黒髪の人。
白髪が少しでも、一定の割合である程度の白髪が生えている場合も、白髪の部分だけが先に茶色っぽくなってきてしまって、かえって黒髪とのコントラストから元の白髪部分が目立つ仕上がりになる可能性があります。

但し、元の髪色や使い方次第でも、仕上がり具合が変わってきますので、人によってはうまく黒色に染められることもあるはず。

ルプルプの色落ち

もしルプルプのソフトブラックで染めて、思った髪色に仕上がらずに失敗したと感じた場合も心配する必要はありません。

ルプルプは髪の表面だけを染めるヘアマニキュアですので、染める度に色がつく、ゆっくり染まっていきます。
そして早い段階で色落ちするので大丈夫。

美容室で白髪染めをしたり、市販の二剤混合式の白髪染めで染めたときのように、1回だけ染めた直後に完全に髪色が変わって、絶対に1か月以上色落ちしないということはありません。

ルプルプ ソフトブラックの使用を検討している方は、一度、気軽に使ってみるのがよいでしょう。

ルプルプの色落ちどのくらい?色持ちよく長持ち?汗で色落ち困るから

白髪が多い人はルプルプでソフトブラックか

ルプルプ(LPLP)ヘアカラートリートメント

ルプルプ ヘアカラートリートメントは白髪用。
白髪ケアできる白髪染め。
これは5色とも共通なのであり、仕上がり色にかかわらず、どのカラーでもしっかり白髪隠しできます。

白髪染めとして、白髪も黒髪も一緒にきちんと染まるように作られていますので色選びに白髪の量は関係しません。

白髪が多い人がルプルプのブラウンでは白髪が染まらないということもなければ、ダークブラウンやモカブラウンもそうです。各色とも、きちんと白髪ケアできる。
白髪が多い人はソフトブラックでなければ白髪隠しできないということはありません。

よって、白髪が多くても少なくても、どのカラーを選んでもよいということになります。

ルプルプの色を選ぶにあたっての基準としては、白髪が多い少ないの白黒毛量の割合で判断するのではなく、染めた後の仕上がりイメージの色で決めれば大丈夫です。

白髪が多い人はルプルプでソフトブラックしか選べないということはありません。
ブラウン、ダークブラウン、モカブラウン、ベージュブラウンもお使いいただけます。

白髪多い人も少ない人も5色から髪色を選べるルプルプ

関連記事

ルプルプはメンズも使える男女兼用の白髪染めトリートメント
白髪の生えた茶髪をルプルプ使って髪色を明るくしたい
明るくなりすぎた髪にルプルプを使うとどうなるか
ルプルプの使い方からわかった白髪染めトリートメントで白髪を染めるコツ
連続で使うルプルプ使用頻度は毎日?ヘアカラーで染めた後にも使える?