ルプルプで白髪を染める第1日目レビュー

ヘアカラートリートメント 【LPLP(ルプルプ)】

ルプルプ ヘアカラートリートメントの白髪染めを使って白髪を染めてみます。
ルプルプ初使用になります。色はモカブラウン。
第一日目のレビュー。

まずは部分染めで

先月あたり他社のブラウンカラーの二剤混合式の白髪染めで染めていまして、
そろそろモミアゲなどに白髪が見えている感じということで、
もみあげを部分染めしたいと思います。

ルプルプの効果を確認すべく、第一日目は右のモミアゲだけに使ってみます。
比較対象は左側。

開栓、どんな液?匂いは?


ルプルプ容器のキャップを空けて液剤を絞りだすと、黒のような緑のような液が出てきます。
それなりに粘度がありつつクリーミーであり、匂いはほのかに海藻のような、
あるいは女性用のトリートメントのような花のような香り。
それでもどちらかと言えば無臭に近い。
少なくとも二剤式の白髪染めのような薬品臭いニオイは一切しません。

いよいよ塗布

髪が乾いた状態で使うように、と取扱説明書にありますので、
その使い方通りに染めます。

ルプルプを髪に塗ってみますと、手にとった時よりは粘度がありヘビーな感じ。
しっとり塗っていくような状況、伸ばさなくてはいけませんね。
だからコーム(櫛)も推奨されていたのかと気づきました。

今回は素手すなわち指先で髪に塗りながらトリートメントを伸ばしました。

より髪色が染まるということで推奨されていますが、シャンプーハットは使っていませんし、
髪全体を台所用ラップで覆うようなこともしていません。

髪に塗ったら、そのまま20~30分待つ。
放置時間となります。

この画像は、染めている もみあげ、耳の付近。
髪に塗った色はしっかりしている。
肌にもついてしまうのですが仕方ないですね・・・。

手の汚れは?手についたらどうするか

ルプルプで手は汚れます。
素手で扱っても有害性は無いものの、指がまるで内出血したかのような色、黒っぽい色になりますね。
水で洗い流しても、半分くらいしか落ちませんが、石鹸で洗えば、ほぼ落ちますのでご安心ください。

気になる方は透明の使い捨て手袋などを着用してルプルプ液を塗ったほうがよいです。

写真で見るとそうでもありませんが、
指は本当に黒っぽくなりますので注意。

lp_yubi_after

【合わせて読みたい記事】
ルプルプが手についたら?地肌や頭皮も染まるとしたら色移りも心配

シャンプーで洗い流す

放置時間を経過したら、ぬるま湯シャワーで洗い流し、すすぐ。
さらにシャンプーで髪を洗うようにとのことで、その通りに洗い流しました。

洗ったあとで髪をバスタオルでふきましたが、
タオルに色がつくことはありませんでした、大丈夫。

ルプルプ第1日目の結果

それなりに染まったという印象ですが、やや変色っぽい感じの毛もあります。
二剤式ではなく髪の表面に色をつける白髪染めトリートメント、ヘアマニキュアですので、
染まり具合はこのくらいでしょうか?
逆にこのタイプで1度染めるだけで完全に白髪が消えて見えなくなるのも考えにくい。
三回連続で染めることが推奨されているのもその意味からなのでしょう。

肌の痒み、刺激、痛み、違和感のようなことはありません。
二剤混合式ですと塗ったり放置のときに頭皮や肌がピリピリしているのですが、
ルプルプですと、そういった刺激や痛み感が全く無い。
使っていて安全な成分だという実感があります。

明日からも同じように二日目、三日目と連続で染めたいと思います。

※この記事の続き
ルプルプで白髪を染める第2日目レビュー

関連記事

ルプルプはジアミン系の染料を使っていない安心安全ノンジアミンの白髪染め
ルプルプの使い方からわかった白髪染めトリートメントで白髪を染めるコツ