「ルプルプ エッセンスカラートリートメント」色選び。カラー5色の特徴は?

 LPLP使ってみませんか?
ヘアカラートリートメント 【LPLP(ルプルプ)】

「ルプルプ エッセンスカラートリートメント」の色選びと、それぞれのカラーの特徴について。
「ルプルプ(LPLP)エッセンス(essence)カラートリートメント」

ルプルプ エッセンスカラートリートメントは全5色

ルプルプ エッセンスカラートリートメントのカラーバリエーションは「チークブラウン」「ウォルナットブラウン」「エボニーブラック」「ハニーブラウン」「アッシュブラウン」の全5色。

「ハニーブラウン」と「アッシュブラウン」は後から追加された新色(トレンドカラー)になります。

チークブラウン(ライトブラウン)

「チークブラウン(ライトブラウン)」:
黄みのあるやわらかく穏やかなブラウン

「チークブラウン(ライトブラウン)」(ルプルプ エッセンスの色)
エッセンスの「チークブラウン」は、一般的なライトブラウンの色。

ライトブラウンの髪色に染めたい方や、既にライトブラウンに近い髪色に染めている方に向いているでしょう。

従来品「ルプルプ ヘアカラートリートメント」の「ベージュブラウン」に近い色だと考えられます。

ウォルナットブラウン(ダークブラウン)

「ウォルナットブラウン(ダークブラウン)」:
赤みを抑えた落ち着いたブラウン

「ウォルナットブラウン(ダークブラウン)」(ルプルプ エッセンスの色)
エッセンスの「ウォルナットブラウン」は、一般的なダークブラウンの色。

ダークブラウンの髪色に染めたい方や、既にダークブラウンに近い髪色に染めている方に向いているでしょう。

従来品「ルプルプ ヘアカラートリートメント」の「モカブラウン」に近い色だと考えられます。あるいは「ダークブラウン」に似ているかもしれません。

エボニーブラック(ナチュラルブラック)

「エボニーブラック(ナチュラルブラック)」:
重くないナチュラルなブラック

「エボニーブラック(ナチュラルブラック)」(ルプルプ エッセンスの色)
エッセンスの「エボニーブラック」は、一般的なダークブラウンナチュラルブラック

全5色の中で唯一の黒系。
髪を黒く染めたい方、地毛の黒髪に白髪が目立たないように白髪隠ししたい方に向いているでしょう。

従来品「ルプルプ ヘアカラートリートメント」の「ソフトブラック」に近い色だと考えられます。

ハニーブラウン(ブライトブラウン)

「ハニーブラウン(ブライトブラウン)」:
赤みと黄みのあるオレンジよりのブラウン

「ハニーブラウン(ブライトブラウン)」(ルプルプ エッセンスの色)
エッセンスの「ウォルナットブラウン」は、トレンドカラーとして新登場したカラー。

ブライトブラウンの髪色に染めたい方や、既に赤みのある明るい髪色やオレンジっぽい髪色に染めている方に向いているでしょう。

従来品「ルプルプ ヘアカラートリートメント」の「ブラウン」に近い色だと考えられます。

アッシュブラウン(グレイッシュブラウン)

「アッシュブラウン(グレイッシュブラウン)」:
重くない自然なくすみブラウン

「アッシュブラウン(グレイッシュブラウン)」(ルプルプ エッセンスの色)
エッセンスの「アッシュブラウン」は、トレンドカラーとして新登場したカラー。

グレイッシュブラウンの髪色に染めたい方、既にアッシュグレーに近い髪色に染めている方に向いているでしょう。

従来品「ルプルプ ヘアカラートリートメント」に近い色は無いと考えられます。
染め方次第では「ベージュブラウン」か「ソフトブラック」が似ているのかもしれません。

LPLP エッセンスの色選びでどのカラーにする?

「ルプルプ エッセンスカラートリートメント」の色選びはどうすればよいのでしょうか。

まずスタンダードな選び方として基本色となる3色から選ぶ。
「チークブラウン(ライトブラウン)」・「ウォルナットブラウン(ダークブラウン)」・「エボニーブラック(ナチュラルブラック)」の3色。

この中で一番無難なのは、「ウォルナットブラウン(ダークブラウン)」となります。
赤み無く自然な茶色に染める。

もっと明るい色がよい方は、「チークブラウン(ライトブラウン)」を。
赤よりも黄色を強くして明るくしているカラーになります。

黒く染めたいのであれば、「エボニーブラック(ナチュラルブラック)」で決定。
これは全5色の中からでも同じ。

そして基本色3色を除いた残り2色は、後から追加された新色の「ハニーブラウン(ブライトブラウン)」と「アッシュブラウン(グレイッシュブラウン)」。
これらは割と個性的な髪色を希望する方に向いていると言えそうです。

「ハニーブラウン(ブライトブラウン)」は明るさも目立ちますが、赤みが特徴。
むしろ意図的にオレンジ色っぽく染めたい方に有効でしょう。
逆に、とても明るくしたいが赤みは避けたいという場合は「チークブラウン(ライトブラウン)」にすべき。

「アッシュブラウン(グレイッシュブラウン)」は灰色系のくすんだ感じ。
白髪染めやカラートリートメントも含めアッシュ系はなかなかありませんから使ってみたいという方がいらっしゃるはず。
メッシュやハイライトのような白髪ぼかし、あるいは自然なグレイヘアを目指している方がお試しになるとよいかもしれません。

以上が、3色+2色=5色からのLPLP エッセンスの色選びとなります。
それでもどうしてもわからない、決めかねてしまうという方は、「ウォルナットブラウン(ダークブラウン)」からはじめてみることをおすすめします。

関連記事

エッセンス カラートリートメントとは?
ルプルプ ヘアカラートリートメントとエッセンス カラートリートメントの違いは?
ルプルプ エッセンスの口コミは?評判や評価はどうか
ルプルプ エッセンスの使い方
ルプルプの色選び何色がいい?カラー5色の選び方で髪色変わる
毛染めルプルプとは?白髪染めのルプルプ ヘアカラートリートメントのこと
ルプルプはメンズも使える男女兼用の白髪染めトリートメント