妊婦が白髪染めルプルプを使ってよい?妊娠中に白髪だらけは困る

 LPLP(ルプルプ)
ヘアカラートリートメント 【LPLP(ルプルプ)】

妊婦が白髪染めルプルプを使ってよいのでしょうか。

LPLP(ルプルプ)
ヘアカラー
トリートメント

【白髪染め】(公式)
詳しくはこちら

妊婦が白髪染めルプルプを使ってよい

妊婦が白髪染めルプルプを使ってよいのかについて調べてみました。

公式サイトには、ルプルプは妊娠中の方にもお使いいただけますと記載されていますので、妊婦の方も白髪染めルプルプを使ってよいということになります。

<ルプルプ 公式から引用>
ルプルプは、頭皮と髪へのダメージを配慮してジアミン系酸化染料を使っていません。ルプルプは髪と頭皮にやさしい成分を使用しており、妊娠中の方にもお使いいただけますが、心配な場合は主治医にご相談ください。

※白髪染めトリートメントのルプルプはこちら
ヘアカラートリートメント 【LPLP(ルプルプ)】

妊娠中に白髪だらけは困るけどルプルプなら使ってもよい

ルプルプこだわり(ポイント1)
ルプルプ ヘアカラートリートメントは白髪染めトリートメント。

二剤混合式の白髪染めや美容院の白髪染めとは違って、植物由来の天然染料を使用していますから、酸化染料のジアミンを含んでいません。
化学的なダメージがありませんので地肌や髪の毛に低刺激。
同様に、皮膚など、体にも刺激やダメージがほぼありません。

妊娠中に白髪だらけは困るけど、とお考えの女性もいらっしゃるかと思いますが、白髪染めのルプルプなら使ってよいのです。

ルプルプは肌荒れしない白髪染めトリートメント

妊娠中の白髪対策はどうするべきか


妊娠中の白髪対策はどうするべきかお悩みになる方もいらっしゃるかもしれません。

妊娠中だから白髪ケアしてはいけないということはありません。
実際のところ、美容室で妊婦の方が白髪染めやカラーしていることは珍しくないかと思います。

ただ、ヘアカラー剤に含まれているジアミンについては、発がん性が指摘されているほどの化学物質であり、その毒性を考慮すれば避けたほうが無難ではあります。

すなわち、なるべくなら美容室で白髪染めをしたり、セルフでも1剤と2剤を混ぜて使う二剤混合式の白髪染めやヘアカラー剤は使わないようにしたい。

ルプルプはジアミン系の染料を使っていない安心安全ノンジアミンの白髪染め

経皮毒が気になる

経皮毒とは、皮膚から有害物質を吸収してしまって、健康被害を受けること。

白髪染めなどのヘアカラー剤は、経皮毒があると言われています。
ただ、これは二剤一式、混ぜて使う酸化染毛剤のことであり、特にその原因は酸化染料のジアミンが根拠。

ジアミンは有害成分で毒性があることが認められています。

その一方で、経皮毒というのも、体に対してどのようにどのくらい悪影響があるのか、それとも皮膚吸収自体が無いのかも解明されてはいません。

しかしながら妊娠中であれば、胎児への影響も含め、余計に気になることでしょう。
そうであれば二剤一式の白髪染めなどのヘアカラー剤を使うのを止めるべき。

ノンジアミンのルプルプなら安心安全

ルプルプにはジアミンが入っていません。
ノンジアミンの白髪染め。

そして天然成分で作られたヘアマニキュアですから、酸化染毛剤ではありません。

ルプルプなら妊婦さんも、経皮毒が心配な方も、安心して安全にお使いいただけます。

妊婦が市販の白髪染めを使うならルプルプがおすすめ


妊婦が市販の白髪染めを使うなら白髪染めトリートメントなどのヘアマニキュアがよいと言えます。髪の表面に色をつけるだけなので、美容室での白髪染めや市販の二剤混合式の白髪染めヘアカラー剤と違ってやさしい成分だからです。

ルプルプはガゴメ昆布のフコイダンなど天然成分で作られており、合成物質や添加物不使用の無添加の白髪染め。そしてノンジアミン。

妊娠中の女性が市販の白髪染めを使うなら、安心安全の成分で、髪色がきれいに染まるルプルプがおすすめです。

関連記事

ルプルプでヒリヒリする人は染めるの止めるべき?
ルプルプで甲状腺機能低下症になる?ヨウ素が心配
連続で使うルプルプ使用頻度は毎日?ヘアカラーで染めた後にも使える?
ルプルプの上手な使い方。ルプルプで効果的に白髪を染める方法
ルプルプが手についたら?地肌や頭皮も染まるとしたら色移りも心配
ルプルプの使い方からわかった白髪染めトリートメントで白髪を染めるコツ
毛染めルプルプとは?白髪染めのルプルプ ヘアカラートリートメントのこと