ルプルプは無添加で人気の白髪染めトリートメント

↓ルプルプはこちら↓
ヘアカラートリートメント 【LPLP(ルプルプ)】

ルプルプは無添加で人気の白髪染めトリートメントです。

ヘアカラー剤の添加物とは

添加物とは、文字通り加えたもの。
食品添加物などが知られていますが、味や色を付ける成分や腐らないようにする成分、すなわち調味料、着色料、保存料などがそれにあたります。

ヘアカラー剤での添加物とは、髪を染めること以外の不要な成分ということになるでしょう。
植物のヘナを使って染毛する場合、無添加と言えます。

ただ、ヘアカラーは髪の色を付けることが目的ですから、着色成分を余計なものとは言えません。

もしくは保存料が添加物だとしても、必ずしも有害ではないわけです。

どの成分がヘアカラー剤での添加物であると定義するのは難しいですが、体に悪影響があるとか健康被害がでるといった成分は、余計な添加物と言えるかもしれません。

ルプルプは無添加


ルプルプは無添加の白髪染めトリートメント。
有害な成分や余計な成分は含有していません。

植物由来の天然色素で色を付けますので、ジアミン系酸化染毛剤は不使用。

有害とされる無鉱物油、タール系色素、パラベンもありません。

無香料。
香りはラベンダー、オレンジ、ローズマリーなど、やはり天然の成分から作りだしています。

人気の白髪染めトリートメント

ルプルプ(LPLP)ヘアカラートリートメント
無添加の白髪染めにもいろいろな商品がありますが、その中でも、ルプルプは人気の白髪染めトリートメントとして知られています。

もし添加物が無いことで、髪が染まらないのなら、実用性には乏しい白髪染めということになりますが、そのようなこともありません。

髪がきれいに染まりますし、トリートメント効果も口コミなどで評価があり、評判よい。

ルプルプは、白髪染めとしても、ヘアカラー剤としても、トリートメントとしても、よいものだからこそ人気があるのです。

ルプルプで染めると副作用があるの?悪い口コミは?

ノンジアミンなので安心安全

二剤混合式の白髪染めは、一度染めた直後から、髪色が完全に変わる便利なものですが、酸化染料のジアミンを含んでいます。

ジアミンは有害な成分。発がん性があるとされ、アレルギー体質の方ですと呼吸困難に陥ることもあります。また、皮膚、血管、内臓への悪影響など健康被害も懸念されている。

ルプルプはジアミンを使わずに植物由来の天然色素で色を付ける仕組み。
ノンジアミンなので安心安全にお使いいただけます。

ルプルプはジアミン系の染料を使っていない安心安全ノンジアミンの白髪染め

白髪だけなく黒髪も染まる

ルプルプは、白髪染めトリートメントですが、白髪だけなく黒髪も染まる。

黒髪の方がルプルプを使っても問題ありません。
例えば、モカブラウンで染めて髪を少しだけ茶色にするといった使い方が考えられます。

ヘアカラー剤で明るい髪色にしている方が、黒髪戻しのようにソフトブラックを使ってもよいのです。

関連記事

ルプルプでヒリヒリする人は染めるの止めるべき?
ルプルプは肌荒れしない白髪染めトリートメント
ルプルプが染まらないは嘘である3つの理由
若白髪にルプルプを使うと染まる?黒髪も染まる?
ルプルプめんどくさい?面倒な手間を省くコツはある?
妊婦が白髪染めルプルプを使ってよい?妊娠中に白髪だらけは困る
ルプルプをブリーチ後に使う?白髪染めトリートメントだから最適
ルプルプ明るくならず真っ黒になったのはベージュブラウン黒いから?