ルプルプは肌荒れしない白髪染めトリートメント

↓ルプルプはこちら↓
ヘアカラートリートメント 【LPLP(ルプルプ)】

ルプルプを使っても肌荒れしないのでしょうか。

ルプルプは肌荒れしない白髪染めトリートメント

ルプルプは、植物由来の天然色素で髪を染め、保湿成分や香りも植物や果物など自然の原料で作られています。
そして、有害な化学成分や余計な添加物は一切ありません。

ルプルプは肌荒れしない白髪染めトリートメントだと言えるでしょう。

セルフで混ぜて使う二剤一式の白髪染めやヘアカラー剤、美容院での白髪染めで肌荒れした経験がある方でも、「ルプルプ ヘアカラートリートメント」なら安心して白髪ケアにお使いいただけます。

ルプルプはジアミン系の染料を使っていない安心安全ノンジアミンの白髪染め

ルプルプかゆみ出るの?

ルプルプは、かゆみになるような、化学成分を含んでいません。
ですから、正しい使い方で髪を染めれば、かゆみは出ません。

但し、髪に塗ってから、しばらく放置した後、すすぎをしっかりしないと、頭皮に残ったルプルプのトリートメント成分が、かゆみにつながる可能性があります。

最後にしっかり洗い流して、それから丁寧にシャンプーをして仕上げましょう。

ルプルプで染めると副作用があるの?悪い口コミは?

ルプルプとアトピー性皮膚炎

ルプルプは、アトピー性皮膚炎や敏感肌の方でも安全にお使いいただけます。
肌に痒みやかぶれを起こすような化学成分、石油系成分、防腐剤などの添加物を含んでいないからです。

口コミなどを見てみますと、実際にアトピーの方がルプルプで髪を染めているとのこと。

ルプルプ成分の安全性

ルプルプは、白髪染めなどのヘアカラー剤に多く含まれるジアミン系の酸化染料、タール系色素、鉱物油、パラベン、合成香料、動物性原料などを不使用。

人体に有害な成分や、余計な添加物を使っていませんので、安心して安全にお使いいただけます。

全成分
水、水添ナタネ油アルコール、ミリスチルアルコール、BG、グリセリン、ソルビトール、尿素、パルミチン酸エチルヘキシル 、ステアルトリモニウムブロミド、ガゴメエキス、ヒアルロン酸Na、水添コメヌカ油、月見草油、メドウフォーム油、マンゴー種子油 、ヒマワリ種子油、ラベンダー油、ローズマリー葉油、オレンジ果皮油、クチナシ果実エキス、アイ葉/茎エキス、ベニバナ赤、グリシン 、オレイン酸フィトステリル、オリーブ油脂肪酸セテアリル、結晶セルロース、ステアラミドプロピルジメチルアミン、エチルヘキシルグリセリン 、イソステアリン酸オクチルドデシル、水添ロジン酸ペンタエリスリチル、炭酸水素アンモニウム、乳酸、オリーブ油脂肪酸ソルビタン、ステアリン酸グリセリル 、イソプロパノール、エタノール (+/-) 、4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール、塩基性青99、塩基性赤76、塩基性茶16、HC青2、HC黄2、HC黄4

ルプルプの使い方

ルプルプの正しい使い方はこちらの記事へ。
ルプルプの上手な使い方。ルプルプで効果的に白髪を染める方法

ルプルプと甲状腺の問題

ルプルプを使っても甲状腺ホルモン異常になることは考えにくいと言えるでしょう。

関連記事

妊婦が白髪染めルプルプを使ってよい?妊娠中に白髪だらけは困る
ルプルプで甲状腺機能低下症になる?ヨウ素が心配
ルプルプは部分染めに最適。根本や生え際のリタッチしやすい白髪染めトリートメント
ルプルプで別の色を混ぜる使い方は?色を混ぜてもよいの?
ルプルプの使い方からわかった白髪染めトリートメントで白髪を染めるコツ
白髪染め使用、はげる本当?ルプルプに育毛作用はあるか
縮毛矯正やパーマをしたらルプルプは使えない?
ルプルプで染めて緑色の髪に見えることはある?
ルプルプで染めて紫色の髪に見えることはある?